ボウモア12年

アイキャチ画像
2023/02/25
2023/02/25
Wi77KDNp

今回は「アイラの女王」の名を持つ超有名ウイスキー、ボウモア12年をご紹介します。

概要

ボウモアは1779年にアイラ島で最初に認可された蒸留所で、とても古い歴史があるウイスキーです。

そんなボウモアはアイラの女王の名を持つ有名スモーキーウイスキーとなっております!

アイラ系のウイスキーとしてはとても有名なボウモアには様々なシリーズがあるのですが、この記事ではその中から『ボウモア12年』について紹介します。

早速ですが、ボウモアの特徴について下記にまとめてみました。

  • 伝統的なフロアモルティング
  • 海沿いにある蒸留所
  • 豊富な樽の種類
ペンタ

ではさっそくいってみよう!

歴史

まずはボウモアの歴史について、軽くご紹介します。

ボウモアは1779年にジョン・シンプソン氏によって設立されたと言われています。
諸説ありだそうなので、正直正確な情報は調査してもわかりませんでした。

イメージ画像

その後様々な売買を経て、現在は1994年から日本のサントリーが蒸留所の運営権を所持している状況です。

250年ほどというとても長い歴史がある蒸留所となっているので、歴史についてもっと詳しく知りたい方は調べて見るとおもしろいかと思います。

ちなみにボウモアはゲール後で『大きな岩礁』という意味があり、蒸留所自体の立地を表しているようですね。

特徴

歴史あるボウモアですが、代表的な特徴が3つあります。

ペンタ

一つづつ見てみましょう!

海沿いにある蒸留所

ボウモア蒸留所は海沿いに位置していて、ウイスキーの貯蔵庫はなんと海抜0メートル以下の場所にあるようです!

その立地のためアイラ系特有の磯っぽさがウイスキーにつくと言われています。

ウイスキーに磯っぽさがつく理由については、熟成時原酒が温度や湿度の影響を受けその土地の空気中の水分を吸収したり原酒が蒸発したりする際につくと言われています。

その土地の環境によってウイスキーの味や香りが変化するのもウイスキーの醍醐味ですね!

伝統的なフロアモルティング

ボウモアの麦芽製造には今では珍しい『フロアモルティング』が採用されています。

フロアモルティングとは、伝統的な精麦方法となっておりモルトを床に撒いてスコップを用いて行われます。

フロアモルティングに関しては以前記事でご紹介しましたので、そちらをご覧ください!

モンキーショルダー

豊富な樽の種類

ボウモアの熟成樽は主に2つとなっています!

  1. ホワイトオークから作られているバーボン樽
  2. スパニッシュオークから作られているシェリー樽

この他にもちょっと珍しいタイプの樽を取り扱っていたりします。

  • マディラワイン樽
  • ミズナラ樽

ミズナラ樽に関してはシーバスリーガル12年で触れたことがありますが,マディラワイン樽に関してはこの樽で熟成されているウイスキーがあることをボク自身初めて知りました。

ちなみにシーバスリーガル12年に関しては下記リンクから詳細をどうぞ。

シーバスリーガル12年

シリーズ

ボウモアのシリーズは通常シリーズが5種あり、そのうち18年と25年が現在休売となっているようです。

特別シリーズに至っては、調べても調べきれないほど沢山の種類がありました。

一部種類が掲載されてないかもしれないのでご了承ください。

また掲載できていないシリーズがあれば、この記事のコメント欄にてお知らせ頂けると幸いです。

通常シリーズ
  • ボウモア12年
  • ボウモア15年
  • ボウモア No.1
  • ボウモア18年(休売)
  • ボウモア25年(休売)
限定シリーズ
  • ボウモアヴォルト
  • ボウモアブラックロック
  • ボウモアスモールバッチ
  • ボウモアレジェンド
  • ボウモア10年 ダーク&インテンス
  • ボウモア10年 ダーク&インテンス-アストンマーティンエディション
  • ボウモア15年 シェリーカスクフィニッシュ
  • ボウモア15年 ゴールデン&エレガント
  • ボウモア16年 リフィルバレル
  • ボウモア17年 ホワイト・サンズ
  • ボウモア18年 リフィルバレル
  • ボウモア18年 マスターオブモルトダークネス
  • ボウモア18年 ディープ&コンプレックス
  • ボウモア19年 フレンチオーク
  • ボウモア23年 バージンオークバレル
  • ボウモア24年 ファーストフィルバーボンバレル
  • ボウモア25年 レスト&ビーサンクフル
  • ボウモア26年 ヴィントナーズトリロジー
  • ボウモア29年
  • ボウモアフルストレングス ヴィンテージラベルシェリーカスク
  • ボウモアデビルズカスクⅢ
  • エレメンツ・オブ・アイラBw8
  • ボウモアバイセンテナリー
ホグスヘッドシリーズ
  • ボウモア23年 ホグスヘッド
  • ボウモア24年 ホグスヘッド
  • ボウモア26年 ホグスヘッド
  • ボウモア24年 リフィルホグスヘッド
  • OMCボウモア12年 リフィルホグスヘッド
  • OMCボウモア13年 リフィルホグスヘッド
  • ボウモア21年 リフィルホグスヘッド
  • XOPボウモア21年 リフィルホグスヘッド
  • ボウモア32年 シェリーホグスヘッド
  • ウィームスボウモアホグスヘッド
バッチシリーズ
  • ボウモア30年クエイヒバー
  • ボウモアバッチ21 36年
  • ボウモアバッチ20 18年
  • ボウモアバッチ17 19年
  • ボウモアバッチ5 27年
その他シリーズ
  • ボウモアホグスヘッド FOR THE BOW BAR & BAR Tarlogie SONA
  • ダグラスレインオールドパティキュラー
  • ボウモア33年forアイラフェス2021
  • ウィームスボウモアBrinyTangle

受賞歴

ボウモアは沢山の種類があるため今回も『ボウモア12年』に絞ってご紹介します。

ISC

  • 2016年 金賞受賞
  • ※2023年2月時点

商品ステータス

飲んでみた感想

テイスティングノートに関しては全て自分の感じたことをそのまま載せています!

何事もそうですが人によって感じ方が違うのは当然のことです。
参考程度で見て頂ければと思っています!
『読者の方でこんなテイスティングノートもあるよ!』みたいなものがありましたらお問い合わせフォームにてお知らせください!

香り

磯の香りを思わせるスモーキーさと若干の湿布ぽさを感じた後、しっかりとしたモルトを感じることができます。

スモーキーき以外にも、りんごのようなフルーティーさも少し感じることができました。

燻製のような上品なスモーキーさとモルト由来の優しい甘みを感じることができます。

また全体的にドライな印象で、熟成由来のコーヒーのようなコクのある苦味もありました。

余韻

スモーキーき堪能できる長い上品な余韻でした。

コメント

さすがアイラの女王ということで、スモーキー系のウイスキーなのに上品で複雑さを感じるボトルでした。

飲む時の温度や加水具合いによっても、ストレートでは感じない隠れてた味や香りを楽しむことができたので飲んでいてとても楽しかったです。

個人的にはいつもラフロイグやアードベックをよく飲むのですが、この2本にはない上品さがボウモアにはありますね。

※ラフロイグやアードベックもとても美味しいです!!

おすすめの飲み方

今回も様々な飲み方を試してみましたが、上品なスモーキーさが魅力的なのでボウモア本来の味わいを楽しめる飲み方がおすすめできるなと思いました。

ストレート

イメージ画像

ボウモアの複雑で上品な香りと味を存分に楽しむことができる飲み方です!

時期にもよりますがストレートで香りをあまり感じれない場合は、手で少し温めてあげるとモルト感やフルーティーさが出てきます。

冬など寒い時期は、ボウモアの本来の香りや味わいを楽しむためにも温度には気をつけてください。

トゥワイスアップ

加水をすることにより、ストレートでは隠れていたボウモアの甘さが前に出てきて一気に印象が変わります。

味わいもストレートと比較してマイルドになり、湿布ぽい薬品系のスモーキーさがなくなります。

ストレートで楽しむときはセットで飲み比べすると、ボウモアの上品さを楽しむことができるのでお試しあれ!

ロック

イメージ画像

スモーキーさを存分に楽しみたい方はロックがおすすめです!

温度が低くなることによって、ソルティーで薬品のようなパンチを楽しむことができます。

また加水によって徐々に変化していくボウモアもたまりません。

ハイボール

イメージ画像

定番の飲み方でありボウモアとの相性も抜群なのでまよったらこれ!

上品なスモーキーハイボール楽しむことができます。

主張も今まで紹介した飲み方の中でも一番控えめなので、飲めてしまうかもしれません。

まとめ

今回はアイラの女王の名を持つアイラ系スコッチウイスキー、ボウモア12年の紹介でした。

最後にこの記事のまとめです!

【歴史あるお酒】
アイラ島初の蒸留所であり、約250年の長い歴史がある

【ボウモア蒸留所ならではの味わい】
蒸留所の立地による磯っぽさと、伝統出来なフロアモルティングによる複雑な味わい

【飲みごたえ】
アイラ特有のスモーキーなパンチがあり、モルトのフルーティーさがあるのでじっくりと楽しめる

ボク自身スモーキー系はよくアードベックやラフロイグを飲みますが、今回ボウモアを試してみて常備したいと思いました。

価格的にも4000円台と比較的安価なので、コスパもかなり良いと思います。

飲んだことない方はお試しあれー!