エリートと凡人

アイキャチ画像
2022/04/05
2022/04/05
odteDRwU

僕の完全持論ですが、エリートとそうでない人の違いを紹介します!

エリートになるためには?

今回のテーマはエリートとそうでない人の違いです。
ここでのエリートは『仕事ができる人』と思ってください。
この記事を読んで1人でもエリートになれる人がいれば良いなと思って書いてます。
まずはじめに結論からつたえますね。

両者の違いは『やる気をアピールできているか』です!

もちろんやる気があれば誰でもエリートになれるわけではありませんが、前提条件としてやる気がないといけません。

やる気度の違い

僕自身やる気に関してはいくつかの段階があると思っていて、これを僕は『やる気度』と表現しています。
僕が思うやる気度は全部で5段階です。

  1. やろうと思う
  2. やると宣言する
  3. やっている
  4. やり遂げる
  5. 1番にやり遂げる

やる気度は1が一番低く5に向けて高くなっています。
ほとんどの場合、エリートと言われる人たちは5になります。
(常に5は現実的に困難極まりないです。※不正行為をしているか化物ならはなしは別です。)

あともう一つ『やり遂げる=求められたレベルでできている』を前提に考えてください。

伝えたいこと

今回僕が伝えたいことはあなたがエリートになりたいなら、なにをするにも5を目指してほしいということです。
仕事がちゃんとできたり、やるべきことをちゃんと出来ているだけでも素晴らしいことです。
さらに誰よりも早く出来ると、他の人にはないあなたにとってプラス印象をあなた自身につけることができます。

最後に

最後に1番と2番には天地の差があることを知ってほしいです。

あなたは世界一高い山を答えられますか?
ほとんどの人がエベレストと迷いなく答えるでしょう。

では世界で2番目に高い山を答えられますか?
おそらく1番のときに比べ迷いなく答えられる人は激減するでしょう。

1番と2番ではここまで差があるのです。
ぜひ明日から仕事をするときに『誰よりも早く仕事を遂行しよう』と考えてみてはどうでしょうか。